音だけだからこそ良い

オナ電は音だけのセックスだからつまらない。
そんなふうに思った、やらず嫌いな人もいるかもしれません。
ですが音だけだからこそ、可能性が無限大なんだと言えるでしょう。

相手の事を自由に想像する事が出来、自分の事も自由に想像してもらう事が出来ます。
やってみたい設定や、興味のあるプレイなど、NG行為がなく、何でもする事が出来ます。
例えば禁断の愛をしてみたいと思っても、実際にしてしまうと周りを巻き込んでみんな不幸になってしまうだけです。

もし自分に可愛い妹がいて、妹と禁断のセックスなんて憧れると思っていたとしましょう。
ですが実際には妹もいなければ、セックス出来る相手すらいません。

でもオナ電で自分の妹になって、セックスをしてくれる人なんて募集をしたら面白がって参加してくれる女性もいるかもしれません。そして電話で「お兄ちゃん」と呼んでもらいながらオナ電をする訳です。
日常生活の中で、決してありえない設定だからこそ、楽しむ事が出来ると言えるでしょう。

音だけだから制限がなく、いろんな事を自由に想像しながらセックスをする事が出来ます。
音だけだから理想が壊れる事なく、いろいろと願望を叶える事が出来ると言えます。
感覚としては、コスプレをしてキャラクターになりきる時のような、違う自分になる事が出来るのです。

オナ電のテクニックの習得方法

セックスをした経験があっても、オナ電をした経験がない人は、電話を使ってセックスをすると言われても戸惑うのではないでしょうか?何を言えばいいのか分かりませんし、自分自身もどうすればいいのか分からない。
そんな状態からのスタートとなります。

当然そんな状況で、初めからスムーズにプレイが進むわけではありません。
全然気持ちよくなれないまま、気まずさだけを残して電話を切る事になるかもしれません。
いろいろネットで調べた知識を詰め込んで臨んだものの、言葉が上滑りしてしまい、相手は無反応で恥ずかしい思いをするかもしれません。1番分かりやすいのは、経験者のオナ電を聞かせてもらう事ですが、第三者が2人のオナ電を試聴させてもらうなんて状況は難しいと言えるでしょう。

ですが例えばAVでオナ電がテーマになっているものを探してみましょう。
もしくは自分が初心者の場合は、経験豊富な相手を選び、相手がどんなふうにオナ電をしてきたのかを教えてもらうといいでしょう。そうやって、1つ1つ自分で経験をしてオナ電のテクニックを習得していくしかありません。

しかも難しいのが、好むセックスが人によって異なるという事です。
Aさんは凄く興奮してくれたオナ電のテクニックをBさんは、全く興奮してくれなかったなんて事も普通にあります。
だからこそ、難しいと感じるかもしれませんが、難しいからこそ攻略した時の喜びも大きいのです。

忙しい人でもオナ電ができる

少子高齢化の影響で、人手不足が深刻な状態になっています。
特にサービス業なんて人手不足で、そのしわ寄せが現在現場で働いている人に偏ってきています。
ブラック企業なんて言葉も浸透しましたが、かなり多くの企業がブラック化し、サービス産業で凄い時間働いています。

もう仕事で疲れ果てて、恋人を作る余裕なんて皆無な状態だとしても、ストレス発散や欲求不満の解消は必要です。
疲れラマなんて言葉もありますが、疲れている時に限って無性に目が覚めてしまって、やりたくなる時ってありますよね。

ですが夜中に風俗に行ってセックスをして自宅に戻っていれば、睡眠時間が大幅に減少してしまいます。
もっと手軽にセックスを楽しむ方法として、オナ電がオススメです。
オナ電であれば、自宅にいながら相手を見つけ、プレイ時間もせいぜい30分もかかりません。

それぐらいの時間であれば、さっさとオナ電をしてすっきりしてから就寝する方がぐっすりと眠る事が出来るでしょう。
時間がないからこそ、効率的に欲求不満を解消する事が出来ますし、また会話をする事で癒される部分もありはずです。

時間がないから無理と思わずに、時間がないからこそオナ電があなたの強い味方となってくれます。