前へ
次へ

問題は早急に解決させよう

土地、建物の問題には様々なものがあります。よくあるのは、売買トラブルでしょう。不動産の契約には売買契約を取り交わし、物件の引き渡しと代金の支払いがあり、登記の移転という流れが一般的です。大金が動くので、その日に契約し、登記を済ませるというとんとん拍子にはいきません。問題はどこで起こるのかといえば、契約前からで、売り主に権利があるかどうかです。権利者でない場合には、登記を終えても権利を取得できませんし、二重売買トラブルもなきにしもあらずです。ちなみに、そうした場合には先に登記した者が権利を取得できます。また、契約解除にも問題があります。不動産の場合には、契約のときに手付け金を売り主に払うものです。お取り置きと似たり寄ったりの意味合いですが、気分が変わって「いらない・あげない」ということもあるでしょう。相手が履行に着手するまでは買い手は手付けを放棄することにより、また、売り手は手付け金の2倍を支払うことにより契約解除ができます。不動産は高価な財産ですし、生活の場や糧ですから、慎重かつ迅速に対応しましょう。もちろん、建物のトラブルも懸念されます。購入してから欠陥(瑕疵)があったり、規制によって隣近所からの苦情を受け、建物を取り壊すハメになる場合もなきにしもあらずですから、十分注意を払いましょう。

Page Top