前へ
次へ

不動産投資は税法上有利

投資目的で入手された不動産は、相続税に効果的な対策として期待に応えてくれるという利点もあります。キャッシュとして持ち合わせているよりも、相続税の額を安くすることができることになります。 ひとつの例として、一億円のキャッシュを有していた人が死んだ場合、税法上は一億円がそのままの状態の価値で認識され、そのことに対して相続税がもたらされます。しかしながら、永眠する前に一億円で不動産を買い入れていると、固定資産評価額をもとにはじき出されるため、キャッシュよりも税額が安くなる確率大であるのです。 キャッシュそのものを持ち合わせているだけでは収益は得ることができません。しかしながら不動産投資へと回せば止まることなく住居の家賃収入を得られることから、相続税対策とセットで一石二鳥の効果効能を確保することもできます。しかしながら、採算性の低い不動産に資金をつぎ込んでしまうと効果が薄れてしまいますので注意しましょう。

Page Top