前へ
次へ

不動産投資は税法上有利

投資目的で入手された不動産は、相続税に効果的な対策として期待に応えてくれるという利点もあります。キャ

more

リバースモーゲージ普及への課題

リバースモーゲージを普及させる取り組みが話題で、良い方向でなく、課題にスポットが集まっています。どの

more

問題は早急に解決させよう

土地、建物の問題には様々なものがあります。よくあるのは、売買トラブルでしょう。不動産の契約には売買契

more

不動産を売却するにはどうすればよいか

持ち家の一戸建てやマンションを売りたいとき、どのような手続きが必要になるのでしょうか。不動産売却の流れを把握しておきましょう。持ち家を売却したいときは、まず持ち家がいくらくらいで売れるのか、その地域の物件の相場を調べます。インターネットや広告などを見て、お住まいの地域で実際に売買されている物件の価格を調べてみましょう。ただし、売却する時期や条件によって実際に売却する際の価格は変動するので、相場はあくまでも目安としてみておきます。大まかな相場がわかったら買い手を探します。不動産会社に買い手との仲介をしてもらう方法が一般的です。不動産売買の仲介をおこなっている不動産会社を見つけたら査定を申し込み、物件の販売価格を割り出してもらいます。査定の方法や査定価格は不動産会社によって異なるので、一社ではなく複数の会社の査定を受け、最も納得のいく不動産会社を利用するのがポイントです。自分が事前に調べた相場価格に近い査定価格を出してくれ、営業担当者の対応の仕方が良い不動産会社を選びましょう。そして不動産会社と交渉し、売り出し価格を決めます。媒介契約を結ぶと、持ち家は売り出し中の物件として広告に出されます。家を買いたいという人が現われたら、不動産会社を通して売買契約を結び、決済と持ち家の引き渡しをして完了です。納得のいく不動産売買をするには、持ち家の状況や「早く売りたい」「高く売りたい」などの要望にあわせて、自分のプランに応えてくれる不動産会社を選ぶことが大切です。会社によって得意不得意があるので、複数の会社に問い合わせて査定をしてみて自分に合った方針で経営している不動産会社を選びましょう。また、査定を受ける前にはなるべく家の整理整頓や掃除をして、見た目の印象を良くしておくことも大切です。同じ物件でもきれいなほうが高く売れやすいからです。また、築年数の大きい家はリノベーションやリフォームをしてから売り出したいと思う人もいますが、不動産会社に相談して査定を受けた後に必要に応じた改修をおこなうことをおすすめします。専門知識のない人が自己判断でリノベーションをしても、高値がつくとは限りません。かえって回収費用が高くなり損をしてしまう可能性があるので、不動産会社のアドバイスにそって高く売れやすいリノベーションをすることをおすすめします。

none

Page Top