前へ
次へ

空き室リスクと対応策

不動産投資の空室リスクに関しては、いうまでもないと言えます。買いあげた物件に入居者を獲得できなければ、住居の家賃収入が無いといえます。スタート時の入居者がゲットできたとしても、ターゲットが出ていったのち、次にやってくる入居者が見い出せずに空室になってしまうこともあります。住居の家賃収入はそうしたことが有りえるので、不動産投資に不安を感じている方が非常に多いということが実態になります。中心部から外れていたため、ひとたび出てしまうと数カ月レベルで入居者が入らないということもありえます。想像以上に入居者の退去についてはメンタル的なストレスだと言っても過言じゃありません。しかしながら、心配することありません。 入居者がいないケースでも、不動産会社が住居の家賃を払ってくれる家賃保証と言われている形があるからです。不動産会社が、月ごとの住居の家賃から手数料を差し引いた額を運営している人に支払ってくれます。手数料は不動産会社により開きがあります。

Page Top